2018年9月1日より「京都ecoトリップ 四条烏丸店」として営業いたします。

斬新なイベントをお楽しみ下さい!:旭湯(右京区)

 右京区の西大路三条近くに100年近く地域や時代劇俳優の人々に親しまれる銭湯があります。
今回は斬新なイベントにも注目の旭湯をご紹介します!

①歴史も長い:大正14年創業

ボイラー室が西大路通りに

こちらの旭湯がどれだけ長いのかお伝えするのに分かりやすいのが
なんと路地の側にあるべきボイラー室が大通りの西大路通りに面しているというところです!
というのも西大路通りの整備が昭和初期ということでそれまでボイラー室の側には田園風景が広がっていました。その名残でボイラー室が意外な位置にあります。

燃料は現在では薪が一般的ですが、こちらではおがくずを使っているとのこと。京都ではおがくずを使う銭湯は数件ほどなのだそう。

夏季は毎日おがくず袋約15キロを10袋ほど使って湯を沸かすようです!
かまどもくずが入りやすい造りになっています。

時代劇俳優さんにも御用達

太秦映画村も有名な京都ですが、そこで日々撮影に取り組む俳優さん、スタッフさんにも御用達なのがこちらの旭湯さん。鏡の上には数多くのサインが飾られています。

中でも寺島進さんは撮影期間中毎日のように足を運ぶのだそうです。

②手ぶらでお越しください

 こちらの旭湯さん。なんとタオル、シャンプーといったアメニティー一式を無料で貸し出ししています!入湯料(430円)と入浴後のコーヒー牛乳代があれば大丈夫なんです!

お風呂のラインナップは以下の通りです

 薬湯
左奥の緑色の浴槽です。疲労回復効果等がある薬湯。独特の匂いもしてきます。

 電気風呂
右奥の浴槽です。左右からビリビリと電気が伝わってきます。同じ強さの電気がまんべんなく広がっている印象です。

 トルネード風呂
手前側に突き出している浴槽です。
ボタンを押すと数秒間渦巻くような水流が発生します。意外と目も回らず不思議と落ち着きました。

 主浴槽
 真ん中奥の2か所が主浴槽。うつ伏せ、あおむけと自由な体勢でリラックスできます。

③ミニ四駆&音楽フェス

音楽フェス

音楽フェスは毎年夏の恒例イベントになっています。脱衣所内がステージに変わります。ジャズからポップまでジャンルは様々です!地域のバンドも多数出演し、老若男女問わず楽しめるイベントになっています。

ミニ四駆レース

いつもは女湯になっている浴室がミニ四駆に懸ける者たちの戦場になります。
浴室内の特設コースで繰り広げられる大会は8月17日に第四回目が開催されます!
前回大会では地元メディアも熱戦の模様を伝えたこともあり、今回は入場規制もしなければいけないかもしれないと番台さんが頭を抱えるほどのエントリー、観衆の数になるそうです!

まとめ

 今や市内の大動脈となっている西大路通が整備される前から町の変遷を見守ってきた銭湯を今回紹介してきました。音楽イベント、ミニ四駆大会運営から周辺地域だけでなく広く人々に銭湯の楽しみを届けたい気持ちを強く感じました!一方では長く時代劇俳優の方の憩いの場にもなっていて多様な側面を持つ銭湯だなと感じました。

SPOT INFO

Map

住所 京都府京都市右京区西院東今田町9の1
電話番号 075-311-4833
営業時間 14:00-24:00
定休日 金曜日
駐車場 なし

Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です